当前位置:首页 » マタニティー » プレママの栄養について その2

プレママの栄養について その2

   作者:日中ビジネスママ   发布时间:2013-09-03   

妊娠初期に必要な食事量は妊娠前と変わらない

妊娠初期に必要な食事量は妊娠前と変わらない

妊婦の肥満や痩せはトラブルの原因になることが多いため、現在では体重管理に重点が置かれています。
すると、今の食生活で赤ちゃんにしっかり栄養が届いているのか、またつわりなどで一時的に食事がとれなくなり赤ちゃんの発育が心配、という声を聞くようになりました。そこで、妊娠中の栄養摂取について考えてみましょう。

厚生労働省と農林水産省から平成17年に発表された「食事バランスガイド」によると、妊娠初期に必要な食事の量は妊娠前と変わりません。

つまり、妊娠前からバランスよく食事がとれている人は、妊娠したからといって急に神経質になる必要はなく、今まで通りの食事を心がければ、赤ちゃんとプレママに必要な栄養素は食事から十分摂取できるのです。ただし、それまで不規則な食生活だった人は、妊娠を期に見直してみるといいですね。

妊娠中はいろいろな食材、料理に出会うチャンス

妊娠中はいろいろな食材、料理に出会うチャンス

1回1回の食事が全てバランスのよい献立にできれば理想的ですが、実際はなかなか難しいもの。ですから、食事のバランスを1日トータルで考えてみましょう。
「朝・昼は肉や野菜が足りなかったから、夕食のメインはお肉にしよう」、 「今日のランチは油が多かったから、夜は油を控えめにしてみよう」など、それまでの食事を振り返りながら献立を考えてみてください。

献立を考えるコツは、いろいろな食材を使ってみること。カラフルにするだけで、自然にたくさんの栄養素が摂取できます。野菜や肉、魚介類をたっぷり使った汁物などは食べやすいし、体もあたたまるのでオススメですね。また、一品で栄養をまかなおうとせず、作りおきした煮物や常備菜などを利用して、食卓に並べる品数を増やす工夫をしてみましょう。

最近は夜型のプレママも増え、パパの帰宅に合わせて夕食は22時ごろという方もいらっしゃいますが、空腹の時間があまり長く続くことはおすすめしません。
なぜなら、夕食前に間食してしまうことが多く、体重増加の一因になるからです。また夜遅くに食事をとると朝食には胃がもたれて、欠食の原因にもなります。夕食は7時ごろまでにすませ、パパとのお付き合いは軽めのものをつまむ程度にしましょう。

何もかも手作りにこだわらなくても良いので、たまには外食や市販のお惣菜を利用しながら、楽しくいろいろな食材をとることを心がければ、自然とバランスのよい献立になりますよ。

此评论不代表本站观点大家说

《プレママの栄養について その2》等您坐沙发呢!

发表评论

亲,不支持纯字母、符号评论哦~